日経SYSTEMS 2008/09号

事例ダイジェスト
Windows Vistaを5000台のPCに導入
セブン−イレブン・ジャパン

 強化されたセキュリティ機能などを評価し,Windows Vista Enterpriseを社内の約5000台のPCに半年をかけて導入していく。社外で利用するPCでは,紛失や盗難による情報漏洩の危険性を低くするため,ハードディスク内のデータを暗号化する「BitLocker」を活用。(171ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:461文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 情報暗号化技術・製品*
【記事に登場する企業】
セブン-イレブン・ジャパン
update:19/09/25