日経ホームビルダー 2008/10号

特集 雨漏りした家 扉
雨漏りした家
図解

住宅会社にとって、永遠の課題といっても過言ではない「雨漏り」──。その状況が急変している。たとえば、“ゲリラ豪雨”は雨漏りの危険性を高める。また、来年10月に義務付けられる住宅瑕疵担保責任保険。雨漏りは瑕疵対象となるため、保険会社が施工時の防水処理に目を光らせる。雨漏り対策のエキスパートへの取材結果からポイントをまとめた。(37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:240文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 雨漏りした家 扉(37ページ掲載)
雨漏りした家
特集 雨漏りした家(38〜39ページ掲載)
雨漏りは基本が大切! 対応の悪さや説明不足が信頼を“ダメ”にする
特集 雨漏りした家(40〜43ページ掲載)
笠木、サッシだけじゃない吹き付けの壁材が意外な盲点
特集 雨漏りした家(44〜47ページ掲載)
「普通の家」でも見落としがち雨漏りポイントはいくつもある
特集 雨漏りした家(48〜50ページ掲載)
雨漏りを防ぐ施工術をズバリ図解
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
update:19/09/27