日経コンストラクション 2008/09/26号

NEWS 技術
噴火の被害や危険度を予測事業リスクの診断に活用

 清水建設は、火山の近隣の地域を対象に、噴火に伴う災害リスクを診断する評価ツールを開発した。顧客の施設立地の選定やBCP(事業継続計画)の制定などの際に、事業リスクの診断に活用していく。 溶岩流や火砕流など6種類の災害の履歴を「火山災害データベース」に集め、同社が施工した12万件以上の物件の位置などを「施設データベース」に収録した。(44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:613文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
清水建設
update:19/09/27