日経コンストラクション 2008/09/26号

NEWS 時事
鉄筋が落下して作業員が死亡国交省発注の橋梁下部工事で

 三重県内の橋梁下部工事で9月6日、地上約10mの高さからクレーンで吊り下げていた鉄筋が落下し、作業員1人が死亡する事故が起きた。 落下した鉄筋は直径32mmで、11mの長さをL字形に折り曲げており、長辺は約8.6mあった。1本当たりの重さは約70kgで、8本を布製のベルトで束ねていた。しかしベルトが切れて鉄筋が落下し、作業員2人を直撃。(36ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:504文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
update:19/09/27