日経コンストラクション 2008/09/26号

特集 見過ごされた欠陥の代償
容赦なく設計ミスに賠償請求
責任追及の姿勢を強める発注者

建設コンサルタント会社の設計ミスに対し、発注者が損害賠償を求める事例が増えている。成果物の瑕疵修補はもちろん、瑕疵に起因する補修工事の費用を請求するケースが目に付く。受注者のミスや不正に対して賠償請求しない発注者が責められる時代だ。責任を問う発注者の姿勢はますます強まるに違いない。一方で、設計を担当する建設コンサルタント会社にとっては死活問題だ。(16〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3922文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 見過ごされた欠陥の代償(14〜15ページ掲載)
見過ごされた欠陥の代償
特集 見過ごされた欠陥の代償(16〜19ページ掲載)
容赦なく設計ミスに賠償請求
特集 見過ごされた欠陥の代償(20〜22ページ掲載)
〓コンサルタント賠償責任保険が映す発注者の姿勢の変化
特集 見過ごされた欠陥の代償(23〜26ページ掲載)
告発がえぐり出すミスや不正
特集 見過ごされた欠陥の代償(27〜28ページ掲載)
〓粗雑工事の多発が映す「隠せない」現実
特集 見過ごされた欠陥の代償(29〜30ページ掲載)
発注者の強腰に惑う受注者
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
update:19/09/27