日経コンストラクション 2008/09/26号

これだけは知っておきたい技術トレンド 第4回
三大トレンドその2
相次ぐ都市NATMからの工法変更コスト低下で施工の優位性生きる

 横浜市周辺の丘陵地帯や台地に計画しているトンネル工事で、シールド工法の採用や、NATM工法からシールド工法への施工方法の見直しが相次いでいる。 東日本高速道路会社は2007年12月、横浜環状南線都市型トンネル施工技術検討会(委員長:今田徹東京都立大学名誉教授)を設置し、計画中の横浜環状南線のトンネル区間にシールド工法の採用を検討中だ。(61〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2373文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
update:19/09/27