日経コンストラクション 2008/09/26号

トピックス 土壌環境対策
顕在化した土壌汚染リスクの深刻さ
環境対策 大量の土壌を入れ替える「豊洲」で求められたのは「安全」に加え「安心」

東京都の中央卸売市場の移転予定地である豊洲地区の土壌は汚染されている。対策として、地表部の土壌80万m3を入れ替えて改めて盛り土する。法律で定められた以上の対策を施すのは、市民の「安心」を求める声の強さを受けてだ。土壌汚染リスクの深刻さがあぶり出されるのに合わせるかのように、土壌汚染対策法の施行以降、市場は急拡大している。(66〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4272文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > 環境・自然保護(建設・不動産)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(建設・不動産)
update:19/09/27