日経エレクトロニクス 2008/10/06号 別冊

特許情報の読み方/使い方
数万件の特許を4段階で分析し 開発テーマを見つける手順を提示
技術者のための特許マクロ/ミクロ分析

 開発によって得た独自技術の使用権を保護し,競合他社の市場参入を抑止するといった特許の役割は,よく知られています。最近は,研究開発のテーマや方針を決めるときに特許情報が有用なことも,少しずつですが認識されるようになりました。しかし,それを十分に理解し,特許情報を研究開発テーマや方針策定にうまく活用している企業はそれほど多くないというのが実情です。(28〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:13024文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 知的財産・特許(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの知的財産・特許
政治・経済・社会 > 知的財産・特許(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会の知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > エレクトロニクスの知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > 政治・経済・社会の知的財産・特許
update:19/09/26