日経Linux 2008/11号

特集2 ホーム・サーバー実力診断
ホーム・サーバー実力診断
Linux vs. Windows Home Server

 マイクロソフト初の家庭向けのサーバーOS「Windows Home Server日本語版」が登場した。サーバー設定からユーザー管理まで,すべて専用ツールを使って分かりやすく操作できる。パソコン初心者でも簡単に使えるのが特徴だ。ホーム・サーバー向きのOSといえば,これまでLinuxが代名詞だったが,Windows Home Serverはそれを脅かす存在になるのか。(68ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:351文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 ホーム・サーバー実力診断(68ページ掲載)
ホーム・サーバー実力診断
特集2 ホーム・サーバー実力診断(69〜79ページ掲載)
本文
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーOS > Linuxサーバー
情報システム > サーバーOS > Windowsサーバー*
update:19/09/25