日経SYSTEMS 2008/11号

検証ラボ Windows Server 2008 
Windows Server 2008 Hyper−Vの実力
DB性能がVirtual Serverの2.9倍複数ゲストOS時の性能が高い

Windows Server 2008が標準で備える仮想化機能,「Hyper-V」の性能を検証した。ハイパーバイザ型の新アーキテクチャの採用で,仮想アプリケーション型のアーキテクチャを採用するVirtual Serverに比べて処理性能は大きく向上。1台の物理サーバー上で,複数の仮想サーバーを稼働させるのに適していることが分かった。検証を担当したブリッジ・メタウェアの熊野さんに報告してもらう。(72〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7288文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > その他(サーバーアプリケーション)
情報システム > サーバーOS > Windowsサーバー*
update:19/09/25