日経SYSTEMS 2008/11号

講座 実践して理解 Webアプリ・セキュリティ
[第2回]SQL注入攻撃から守る
バインドの仕組みを使う入力値チェックも有効

企業活動に利用しているWebシステムであるにもかかわらず,十分なセキュリティ対策が施されておらず,不正アクセスを受け個人情報が盗まれるといった事件が相次いでいる。そこで,Webアプリケーションのセキュリティ対策を実践的に解説する。今回は,SQLインジェクション(注入)攻撃を取り上げ,有効性の高い対策を示す。(96〜101ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8625文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > Web配信・配信補助サーバー
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
update:19/09/25