日経エレクトロニクス 2008/11/03号

解説
有機ELが照明の,「主役」に名乗り
ダークホースがいよいよ姿を現す

 超薄型テレビの本命技術とみられる有機ELが今,照明業界からも熱い視線を浴びている。蛍光灯や白熱電球といった既存光源,さらには省エネルギーの追い風を受けている白色LEDでは実現が困難な,新たな照明の形態を得られる可能性を秘めているからだ。 照明に向けた有機ELの研究開発は,以前から進められてはいた。(87〜97ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:16903文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > EL技術
update:19/09/26