日経Linux 2008/12号

Linuxカーネルの新機能 memtest
カーネル組み込みのメモリー・テスト機能
memtest

*1 3.2GHz動作のPentium 4プロセッサ,主メモリー2GバイトのPCで,x86_64向けカーネルのmemtestを使って4パターンのテストを実施した場合,筆者の体感的には起動時間はほとんど変わりませんでした。増えたのは数秒程度と考えられます。 主メモリーの高速化と大容量化,そして低価格化が進んでいます。これに伴ってメモリー・エラーが発生する可能性も増えています。(172〜173ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2659文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Linux
update:19/09/25