日経コンストラクション 2008/11/14号

土はなぜ崩れるのか 第48回
●第48回● 山岳道路際の斜面
雨でもないのに崩壊したのはなぜ?

四国のある山岳道路で、2007年8月初めに路面から30m上にある巨木の根元から斜面が崩れ落ちた。ただちに、巨木の根元のえぐれた部分にコンクリートを流し込んで地山を固めた。露出した不安定な岩盤はワイヤロープを編み目状に掛けて安定させた。さらに、崩壊した斜面の侵食を防ぐために、植物の種と堆肥を混ぜ合わせたものを吹き付ける予定だった。(75〜78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3261文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
update:19/09/27