日経レストラン 2008/12号

愛される接客
料理を売りたいのに“お茶だけ客”が来たら?
 Huge 代表取締役新川 義弘

 「夜9時にお茶をしようと店に行ったら、断わられました。気に入っていたのに残念です」。 先日、「リゴレット キッチン 銀座店」にこんなクレームが入った。不審に思い、接客担当者に尋ねると、そのお客様が来たときに別のお客が待っていたため、「レストランなのでお食事……」と言いかけたら、「あ、そう」とあっさり帰ってしまったと言う。(134ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1319文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
update:19/09/27