日経コンストラクション 2008/12/12号

NEWS 時事
出し平ダム訴訟で賠償命令排砂差し止めは棄却

 富山県黒部川上流の出し平ダムの排砂が原因で漁業被害を受けたとして、河口周辺の漁業者などが、同ダムを管理する関西電力(大阪市)を相手取り、排砂の差し止めや約6億7000万円の損害賠償などを求めた訴訟で、富山地方裁判所は11月26日、ワカメ養殖への被害を認め約2728万円の損害賠償の支払いを命じたが、排砂の差し止めは棄却した。 出し平ダムは1985年に完成した国内初の排砂式…(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:705文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
【記事に登場する企業】
関西電力
update:19/09/27