日経コンストラクション 2008/12/12号

特集 先鋭化する「普通の住民」との付き合い方
地元対応の達人たちの教え[構想・計画編]
市民目線が合意形成に欠かせない

従来は行政が担ってきた公共事業の計画作りに、市民が参加する場面が増えてきた。それに伴い、建設コンサルタント会社の技術者も、行政に従属して説明資料などを作る裏方の立場から、市民の前に出て意見を聞いたり、質問に答えたりする立場に変わってきた。(49〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4856文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 先鋭化する「普通の住民」との付き合い方(40〜41ページ掲載)
先鋭化する「普通の住民」との付き合い方
特集 先鋭化する「普通の住民」との付き合い方(42〜43ページ掲載)
ひょう変した市民が現場を悩ますパトカーが駆け付けるのは日常風景
特集 先鋭化する「普通の住民」との付き合い方(44〜48ページ掲載)
地元対応の達人たちの教え[工事編]
特集 先鋭化する「普通の住民」との付き合い方(49〜53ページ掲載)
地元対応の達人たちの教え[構想・計画編]
特集 先鋭化する「普通の住民」との付き合い方(54〜57ページ掲載)
明暗分けた合意形成
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > その他(建築トラブル)
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
update:19/09/27