日経コンストラクション 2008/12/12号

安全手帳 労災隠しが過去10年で最多に
労災隠しが過去10年で最多に
労働災害 根絶に向けて厚労省が二つの施策を推進

 労災事故を起こした事業者が、労働基準監督署長に対して、故意に労働者死傷病報告を提出しなかったり虚偽の内容で提出したりする。これが、いわゆる「労災隠し」だ。 労災隠しをすれば、労働災害の発生状況を正確に把握できないだけでなく、被災者が十分な治療を受けられなくなる。(68〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3092文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > その他(建築トラブル)
update:19/09/27