日経コンピュータ 2008/12/15号

ニュース SPECIAL REPORT
システムの信頼性を“JIS規格化” 経産省、クラウド時代にらみ国際標準提案も

経済産業省は、情報システムの信頼性を包括的に評価する基準作りに乗り出す。11月27日、施策を検討する研究会を発足した。これまで同省が実施してきた個別の施策を取りまとめて一元化。いわばシステムにおける“JIS規格”設立を目指す意気込みだ。 新たに発足した研究会の名称は「高度情報化社会における情報システム・ソフトウェアの信頼性及びセキュリティに関する研究会」。(16〜17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2066文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24