日経コンピュータ 2008/12/15号

特集1 ITムダ取り四十八手
あの手この手で1円でも安く

 グーグルが提供する無償メールサービス「Gmail」。強力な検索機能やスパムメール対策機能が受けて2006年8月の一般公開以降、利用者数が急増している。自宅のメールソフトをGmailに切り替えた読者も多いだろう。 このGmailを社内の標準ソフトにする企業が登場し始めた。Gmailを核にスケジュールや文書共有機能を追加した有償版「Google Apps Premier Edition」を使う。(42〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8860文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 ITムダ取り四十八手(40〜41ページ掲載)
不況に打ち勝つ ITムダ取り四十八手
特集1 ITムダ取り四十八手(42〜48ページ掲載)
あの手この手で1円でも安く
特集1 ITムダ取り四十八手(49〜52ページ掲載)
ムダな契約もう止めた
特集1 ITムダ取り四十八手(53〜56ページ掲載)
硬直化したコスト構造にメス
特集1 ITムダ取り四十八手(57〜62ページ掲載)
「塵も積もれば」を見逃すな
特集1 ITムダ取り四十八手(63〜67ページ掲載)
割安サービスを上手に利用
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24