日経エレクトロニクス 2008/12/15号

論文
“ソース・コード強制開示”は本当か 中国,強制認証制度拡大の狙い
暗号方式の許可を得るなど先手も必要

中国政府が外国企業に対し,デジタル家電などの製品情報を開示する「新制度」を2009年5月に導入するとの新聞報道が日本国内に波紋を呼んでいる。中国へ輸入・販売する製品に認証を求め,その際に組み込みソフトや暗号ソフトのソース・コードの開示を要求するというのだ。これに対し,日本の企業や産業界からは,不安や心配,反発の声が上がった。(119〜126ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9382文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
update:19/09/26