日経コンストラクション 2008/12/26号

特集 トラブルに学ぶコンクリートの品質管理
打ち重ね時間をパソコンで管理生コンの遅れによる品質悪化防ぐ

 「最近は、構造物の配筋量が増えたり構造が複雑になったりして、コンクリートにジャンカやコールドジョイントが発生しやすくなっている。当社でも4〜5年ぐらい前、規模の大きい不具合が続いた」。奥村組技術研究所土木研究課の広中哲也主任研究員はこのように話す。 それをきっかけに同社が開発したのが「新設コンクリート構造物の品質保証技術」だ。(52〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2163文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 トラブルに学ぶコンクリートの品質管理(40〜41ページ掲載)
トラブルに学ぶ コンクリートの品質管理
特集 トラブルに学ぶコンクリートの品質管理(42〜44ページ掲載)
目の届かない個所で隠ぺいや手抜きが続発
特集 トラブルに学ぶコンクリートの品質管理(45ページ掲載)
杭や伸縮装置の工事でも不正全数の段階確認などで再発防ぐ
特集 トラブルに学ぶコンクリートの品質管理(46〜48ページ掲載)
思わぬひび割れに戸惑う現場
特集 トラブルに学ぶコンクリートの品質管理(49ページ掲載)
多発する微細なひび割れ無断補修で指名停止になる例も
特集 トラブルに学ぶコンクリートの品質管理(50〜51ページ掲載)
検査や施工の工夫で不具合を防ぐ
特集 トラブルに学ぶコンクリートの品質管理(52〜53ページ掲載)
打ち重ね時間をパソコンで管理生コンの遅れによる品質悪化防ぐ
特集 トラブルに学ぶコンクリートの品質管理(54ページ掲載)
管理項目を明確にしたチェックシート低コストな設計上の工夫も
特集 トラブルに学ぶコンクリートの品質管理(55〜57ページ掲載)
不具合を防ぐ品質管理の在り方
特集 トラブルに学ぶコンクリートの品質管理(58〜65ページ掲載)
コンクリートの品質を高めるための基礎知識
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
update:19/09/27