日経コンストラクション 2008/12/26号

電子納品トラブル防止策 第7回
第7回〓図面
未修正レイヤーの「責任主体」に間違い CAD製図基準をよく把握してレイヤー名を付ける

 国土交通省が発注した河川工事の施工者から、完成図をチェックしてほしいとの依頼を受けた。そこで、図面のCADデータが国交省のCAD製図基準に適合しているかどうかをチェックしたところ、レイヤーの名称に問題があることがわかった。具体的には、レイヤーの責任主体が適切でないことと、工種・図面種類と合致していないレイヤー名を使っていることの2点だった。(70〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2386文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
情報システム > 特定業務システム > 電子納品システム*
update:19/09/27