日経エレクトロニクス 2008/12/29号

特報 深層
UWB技術の普及に暗雲,Intel社の撤退がきっかけ
頼みの綱はパソコン以外の用途展開

 超広帯域を利用する無線技術「UWB(ultra wideband)」の研究開発に取り組む企業が,大きく揺さぶられている。UWBの強力な推進役であった米Intel Corp.が,UWBを物理層に使う「Certified Wireless USB(WUSB)」向けICの製品開発を取りやめたことが明らかになったからだ。 Intel社は早くからUWBに着目し,研究開発を進めてきた。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1538文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 無線LAN規格
通信・ネットワーク・放送 > 無線LAN > 無線LAN規格
【記事に登場する企業】
米インテル社
update:19/09/26