日経エレクトロニクス 2008/12/29号

特集 直流給電,省エネの切り札に
データ・センターから家庭まで 変換ロスなくし,消費電力を低減
第1部<総論>

 ここ最近,電力を直流で機器に供給する,いわゆる「直流給電」に対する取り組みがさまざまな分野で活発化してきた(図1)。直流給電はAC-DC変換の数が減らせることから,直流で駆動しているデジタル機器や,インバータを搭載する機器の省エネに大きな効果があると期待されてきた。NTTが電電公社の時代から電話交換機などで直流給電を利用しているが,一部の用途に限られていた。(38〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9583文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 直流給電,省エネの切り札に(35ページ掲載)
直流給電 省エネの切り札に
特集 直流給電,省エネの切り札に(36〜37ページ掲載)
ようこそ 直流給電の世界へ
特集 直流給電,省エネの切り札に(38〜45ページ掲載)
データ・センターから家庭まで 変換ロスなくし,消費電力を低減
特集 直流給電,省エネの切り札に(46〜55ページ掲載)
市場形成はもう目の前 標準化と安全性が最後の壁に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/26