日経エレクトロニクス 2008/12/29号

解説2
JPEG XRが導く,階調8ビット超カメラ

 現行のデジタル・カメラには,問題がある。撮影者が失敗したと感じる写真を量産することである。この問題はこれまで,カメラ・メーカーによって次々と改善されてきた。手ブレ補正や顔検出といった失敗回避機能は「標準搭載」といえるほど普及している。だからといって「デジタル・カメラはもう成熟した,やるべきことが見つからない」とみることは必ずしも的を射ていない。(71〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9518文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > その他(光デバイス製品・技術)
update:19/09/26