日経パソコン 2008/12/22号

特集 PC年越しマニュアル
今年の“穴”は今年のうちに
セキュリティ

 クリスマスや年末年始は、ウイルスが出回りやすい時期である。愉快犯の多くが「ウイルスをばらまくなら、記念日の方が注目が集まる」と考えるからだ。この傾向は、昔から変わらない。またこの時期、ネットでプレゼントを探しているユーザーを標的に、詐欺を働こうとするやからが増える危険性も否定できない。(50〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12614文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 PC年越しマニュアル(38〜39ページ掲載)
保存版 PC年越しマニュアル
特集 PC年越しマニュアル(40〜49ページ掲載)
捨てるも整理も「ルール設定」が鍵
特集 PC年越しマニュアル(50〜61ページ掲載)
今年の“穴”は今年のうちに
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > その他(パソコン・デジタルギア) > その他(パソコン・デジタルギア)
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
update:19/09/25