日経情報ストラテジー 2009/03号

特集2 パナソニック 世界に広がる業務革新の現場 IT基盤
組織もITも世界統一 横展開しやすい環境を支援

 「経営は分権、ITは集中」──。中村邦夫会長が社長時代、IT革新プロジェクトに取り組むうえで発していた言葉である。事業領域ごとのドメイン(事業会社)に経営は任せるが、情報システムは共通した仕組みを使い、組織も一本化する。狙いはコストの削減と、時代の変化に柔軟に対応するための組織変革の際にITがその足かせとならないようにすることだ。(64〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2403文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 パナソニック 世界に広がる業務革新の現場(54〜55ページ掲載)
世界に広がる業務革新の現場
特集2 パナソニック 世界に広がる業務革新の現場 新興国最前線(56〜59ページ掲載)
海外2ケタ増目指し販社改革 SCMの成功事例を横展開
特集2 パナソニック 世界に広がる業務革新の現場 グローバル展開(60〜63ページ掲載)
SCMほか5分野で「標準化」 国境越えた流通と関係深める
特集2 パナソニック 世界に広がる業務革新の現場 IT基盤(64〜65ページ掲載)
組織もITも世界統一 横展開しやすい環境を支援
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
【記事に登場する企業】
パナソニック
update:19/09/24