日経情報ストラテジー 2009/03号

10分間で学べる業務革新講座 ファシリテ
安易な同意が誤解生む 意見の交通整理に集中
第3回 議論の発散と収束を意識し、ツールを活用 筆者 大山 かつのり大山ESコンサルティング 代表監修ピープルフォーカス・コンサルティング

 大手機械メーカー社員の不破知提人は、新米ファシリテーターである。ファシリテーターの達人、仏寺「傾聴院」の大和尚の指導もあり、部内定例会議のファシリテーションに徐々に慣れてきた。そんな彼に、支店長たちが集まる定例会議のファシリテーター役が回ってくることになった。組織の利害を代表するつわものが集まる会議で、それぞれの主張をどうさばくか。(124〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5188文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
update:19/09/24