日経情報ストラテジー 2009/04号

改革の軌跡 あのプロジェクトの舞台裏 日本航空
業務改革促し、整備システムを刷新 7年越しで失敗プロジェクトが離陸
日本航空

 30年以上使い続けていた機体の整備システムの再構築プロジェクト。2001年から2年間取り組んだものの、追加開発の要望に対応できず一度は頓挫した。新たにリーダーとなった整備本部整備企画室部長の鈴鹿靖史は、メンバーを大幅に入れ替えるなど社内外の体制を一新。業務改革に抵抗する現場を説得できるメンバーがいなかったことが原因と考えたためだ。(104〜109ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5331文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > 旅客・運輸サービス > その他(旅客・運輸サービス)
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
【記事に登場する企業】
日本航空
update:19/09/24