日経メディカル 2009/04号

ニュース追跡 1
鳥取大で救急医が集団辞職
トップダウンで動けない大学病院の限界露呈

今年2月、鳥取大学の救急医4人全員が辞職の意向を示していることが明らかになり、3月末で全員辞職した。十分な設備がなく、他科からの応援も得られない中で、将来の展望が見えなくなったことが原因だ。 2002年10月より鳥取大救急災害医学講座の初代教授を務めてきた八木啓一氏は、同講座に所属する3人の医師とともに、今年3月で同大を去った。(53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1498文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
【記事に登場する企業】
鳥取大学
update:19/09/27