日経メディカル 2009/04号

臨床セミナー 2
アルコール性肝炎の診断と治療
(東京都済生会中央病院 鳩貝健氏による)

 アルコール性肝炎は、大量飲酒を繰り返した結果発症するアルコール性肝障害の一疾患である。近年、大量飲酒者が増加しており、臨床医としてぜひ知っておきたい疾患である。1】アルコール性肝障害の経過 大酒家の患者では、ほとんどは脂肪肝に至る。脂肪肝の状態で一時的に連続飲酒することで一部の患者はアルコール性肝炎を発症し、死亡することもある。(126ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1215文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27