日経SYSTEMS 2009/05号

特集1 待ったなし 現場のコスト削減 2割カット
Part2 運用保守の無駄を削ぐ
「必要だから」と決めつけない重要なのはなくす発想

 一つでも該当するならば,そこには無駄が隠れており,コスト削減の余地がある。運用保守のコスト削減に取り組んで成果を上げている現場では,上記のような状態を問題視し,過剰な運用保守サービスをつぶす,対象となるシステムや機能を減らす,運用保守の作業効率を高める,調達の契約条件を見直す─という大きく四つの取り組みを行っていた。(23〜28ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7047文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 待ったなし 現場のコスト削減 2割カット(17ページ掲載)
待ったなし 現場のコスト削減
特集1 待ったなし 現場のコスト削減 2割カット(18〜22ページ掲載)
Patr1 未曾有のIT予算締め付けが進行中
特集1 待ったなし 現場のコスト削減 2割カット(23〜28ページ掲載)
Part2 運用保守の無駄を削ぐ
特集1 待ったなし 現場のコスト削減 2割カット(29〜35ページ掲載)
Part3 機能を極限まで絞り込む
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)*
update:19/09/25