日経SYSTEMS 2009/05号

講座 プロマネ常識の落とし穴 究極の2人編
[第2回] 変更管理の落とし穴
小規模変更にもリスクあり“非情な凍結”は対立を招く

 プロジェクトが迷走する原因になりやすいのが,変更管理の失敗です。仕様変更なのか,不備の修正なのかの区別もつかないまま,変更要望が積み上がって,いつの間にか身動きが取れなくなる。よく聞く話ですね。そのような事態を避けるために変更管理を実施するわけですが,プロジェクト・マネージャ(PM)によって,そのやり方はさまざまです。(88〜93ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7031文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
update:19/09/25