日経ソリューションビジネス 2009/06/15号

連載 できる営業に学ぶスケジュール管理術 「自分とのアポ」を意識して管理 顧客訪問
「自分とのアポ」を意識して管理顧客訪問の時間価値を高める

 営業担当者には、できるだけ社内にいる時間を短くし、顧客と接する時間を長くすることが求められる。顧客と接する時間を長くしても、中身の薄い商談になったり単に世間話したりして、無駄な時間を過ごしてはいけない。 行動に無駄や手戻りがないと、仕事成果(営業成果)と本人成果(営業担当者や人間としての成長、喜び)が高まり、顧客との時間価値の向上につながる(図1)。(46〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3764文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > 営業・販売・マーケティングスキル
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 営業・販売・マーケティングスキル
update:19/09/25