日経SYSTEMS 2009/07号

講座 アンチパターンで習得する 上流工程テクニ
[第1回] 要件定義の完了と見積もり
要件のベースラインを確定し複数見積もりで妥当性を確認

 要件定義フェーズが完了期日を迎えたとき,よほど単純なシステム構築プロジェクトでない限り,WBS(Work Breakdown Structure)で定義した作業は終了していても,未解決の課題や未対応のリスクが残っていることが大半だろう。不明確な事項が多い中で高品質な要求仕様を作成するのは難しいためだ。(84〜89ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7258文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
update:19/09/25