日経Linux 2009/08号

特集2 最新Fedora11のすべて Part4
指紋認証によるログイン

Fedora 11は,ユーザーがログインする際にパスワードの代わりに“指紋”で認証できる。Fedoraに対応する指紋リーダー(読み取り機)やノートPCさえあれば,簡単な作業で指紋を登録可能。ただし,対応機器がそれほど多くないため,選択時に注意が必要だ。 Fedora 11は,指紋認証によるログインに標準で対応している。(54〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2472文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 最新Fedora11のすべて(39ページ掲載)
最新Fedora11のすべて
特集2 最新Fedora11のすべて Part1(40〜47ページ掲載)
これがFedora 11の最新機能だ!
特集2 最新Fedora11のすべて Part2(48〜51ページ掲載)
システム資源の分割
特集2 最新Fedora11のすべて Part3(52〜53ページ掲載)
日本語入力環境の整備
特集2 最新Fedora11のすべて Part4(54〜55ページ掲載)
指紋認証によるログイン
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Linux
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > ユーザー認証・電子署名技術
update:19/09/25