日経エレクトロニクス 2009/07/13号

NEレポート
オリンパス「PEN」復活の意味,富士フイルムは「聖域」シャッターを変更
大型センサの搭載と低価格の両立がオリンパスの宿題

 今後の商品トレンドの端緒となり得るデジタル・カメラが,2009年6月〜7月に相次いで発売された。オリンパスのレンズ交換機「E-P1」と,富士フイルムのレンズ一体機「Z300」である。前者の本体サイズは一眼レフに比べて圧倒的に小さい(表1)。「マイクロフォーサーズ」規格に準拠している。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3105文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > デジタルカメラ > デジタルスチルカメラ
【記事に登場する企業】
オリンパス
富士フイルム
update:18/07/26