日経エレクトロニクス 2009/07/13号

NEレポート
5Tビット/(インチ)2目指すHDD,「瓦記録」が有力候補に
既存技術の延長で実現可能

 従来の記録媒体やヘッドを大幅に変更することなく,HDDの面記録密度を現在の10倍以上に高める可能性があるとして,にわかに注目を集めている磁気記録技術がある。「shingled write recording(瓦記録)」と呼ばれる方式である。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2691文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ストレージ製品・技術 > ハードディスク(磁気記録技術)
update:18/07/26