日経メディカル 2009/07号 別冊

特集 5
【医療政策】中間報告、介護保険、小泉改革… 厚生省の本音に迫る

 1972年の創刊以降の医療政策の歴史を振り返ると、その中心には、常に「老人医療」があった(表1)。73年の老人医療の無料化を契機として、老人を長期間入院させて「薬漬け」「検査漬け」にし、多額の利益をあげる老人病院が出現、社会から大きな批判を浴びていたからだ。 本誌も、「『1件平均7万点』ある老人病院の投じた波紋」(82年3月号)などで、その一端を報道してきた。(28〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6977文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
update:19/09/27