日経メディカル 2009/07号 別冊

特集 3
【開業医と勤務医】診療所開業に革新的スタイル導入 名古屋・SLグループの成功と挫折

 日経メディカルが創刊された1970年代は、医師の開業志向に変化が起き始めた時代といえる。 それまでは医学部を卒業すると、第一線の病院で一定期間勤務して診療技術を磨き、その後、開業するというのが一般的な医師の人生だった。さらに、外科であれば開業後もメスを捨てず、外来診療以外に手術もするのが普通で、病院機能との境界線もあまり明確ではなかった。(18〜22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5986文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > その他(病院・薬局・施設経営)
update:19/09/27