日経コンピュータ 2009/07/22号

編集ノート
編集ノート

「日本人技術者を品質面で世界をリードする人材に変えたい」。特集取材で心に残った一言です。発言したのはOSSのJavaフレームワーク「Seasar2」の生みの親であるISIDの比嘉康雄氏。比嘉氏は、GAE(Google App Engine)がJava対応した4月7日の3日後には、いち早くGAE対応の新フレームワーク「Slim3」をほぼ完成させました。(138ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1094文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24