日経コンピュータ 2009/07/22号

特集 もっと速く作れる
開発工程を“倍速”で回す

 自動化ツールやクラウドコンピューティングの利用は、“普通の”情報システムの開発スピードも上げる。NTTデータや富士通、日立製作所などが開発スタイルをどう改善しているのか、見ていこう。 「3年後にはシステム開発期間を半減する“倍速開発”を実用化する」。NTTデータの山下徹社長は、スピードアップにかける意気込みをこう話す。(44〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7713文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 もっと速く作れる(32〜33ページ掲載)
もっと速く作れる
特集 もっと速く作れる(34〜37ページ掲載)
「100%自動生成」が現実に
特集 もっと速く作れる(38〜43ページ掲載)
開発環境にクラウドを活用
特集 もっと速く作れる(44〜49ページ掲載)
開発工程を“倍速”で回す
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24