日経トップリーダー 2009/08/01号

経営プロフェッショナル
ハローデイ社長 加治敬通
「経営者は孤独」と思ったら負け社員と一緒に大笑いする会社を作る

 全国的にスーパーの苦戦が続く中で、福岡県北九州市の食品スーパー、ハローデイは17期連続の増収増益を続ける。2009年3月期の業績は売上高が前期比8・1%増の約574億円、経常利益は同9・4%増の約17億円。福岡を中心に熊本、山口に約40店を持ち、安定した成長力が関係者の注目を集める。 ハローデイは、社長の加治敬通(45歳)の父、久典が創業した。(36〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4093文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
ハローデイ
update:19/09/24