日経Linux 2009/09号

Linuxレポート デジタル放送波受信ボード
PT1後継ボード「PT2」の販売計画が明らかに 4ch同時録画対応の“最強ボード”が9月に再登場
デジタル放送波受信ボード

 Linuxでデジタル放送を視聴・録画したい人向けの最適デバイスとして名高いアースソフトの「PT1」(生産終了)。そのPT1の後継機種「PT2」が販売されることが明らかになった。気になる詳細を速攻レポートする。 Linuxでデジタル放送を視聴や録画する上で欠かせないのが,放送波で運ばれてきたデータをパソコンにそのまま取り込めるタイプの「デジタル・チューナ」である。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1397文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 動画像入力機器 > ビデオキャプチャボード・機器*
【記事に登場する企業】
アースソフト
update:19/09/25