日経コンピュータ 2009/08/05号

特集 Part2
「ネットカフェ」で生活水準向上
貧困から抜け出す

 先進国ではあって当たり前のパソコンやインターネットが、開発途上国では貧困を抜け出す助けになる。バングラデシュで新しい貧困改善策が動き出している。 バングラデシュは開発途上国の中でも総所得が低い「後発開発途上国」に分類されている、アジアの中でも貧しい国の一つだ。(40〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4001文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集(34〜35ページ掲載)
Change
特集 Part1(36〜39ページ掲載)
ケータイで疫病を駆逐せよ
特集 Part2(40〜43ページ掲載)
「ネットカフェ」で生活水準向上
特集 Part3(44〜47ページ掲載)
母国送金の足かせを軽く
特集 Part4(48〜51ページ掲載)
懸命に働く人が報われる世界を支えるのはITと人間だ
特集 Part5(52〜55ページ掲載)
確かに世界は変わった
特集 Part6(56〜59ページ掲載)
ITが目や耳の代わりに
特集 Part7(60〜63ページ掲載)
モノ・カネだけでなくスキルを
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24