日経ヘルスケア 2009/08号

実践!院長のための人事・労務入門 第56回
改正育児・介護休業法への対応策
短時間勤務や時間外労働免除の制度化が必須に

Z産婦人科診療所のZ院長は先日、新聞で育児・介護休業法の改正に関する記事を読んだ。育児中の従業者に対して、短時間勤務制度の導入などを義務化するという内容だ。診療所には若手の女性職員も多く、何らかの対策が必要と考えたZ院長は、顧問の社会保険労務士に相談した。(編集部)Z院長 実は来月、女性職員の一人が結婚することになりました。(97〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3651文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:19/09/27