日経ヘルスケア 2009/08号

特集1 訪問・通所サービスの新戦略
改定の流れ読み将来への布石を打て 【動向編】顕在化する事業者の二極化 加算取らなければ負け組に
訪問・通所サービスの新戦略

ケア体制の充実が、加算で重点的に評価された今改定。サービスの質の向上に取り組み、算定要件が求めるレベルをクリアできなければ、高いハードルが課されるであろう3年後の次回改定では、先行事業者との格差がさらに広がっているだろう。 「今改定では、ケアの充実に向けた取り組みが加算で手厚く評価された。(20〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6660文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 訪問・通所サービスの新戦略(20〜25ページ掲載)
改定の流れ読み将来への布石を打て 【動向編】顕在化する事業者の二極化 加算取らなければ負け組に
特集1 訪問・通所サービスの新戦略(26〜33ページ掲載)
【ケース編】先進事業者はここが違う! 注目される新時代の経営手法
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護サービス
update:19/09/27