日経WinPC 2009/10号

Windows7への道 第6回 8月から完成版を提供開始 一般ユ
8月から完成版を提供開始 一般ユーザー向けの発売は10月22日

 Microsoftは7月22日、Windows 7の開発作業を完了した。この後、インストールディスクの製造や、OEMメーカー(PCメーカー)への提供を開始する。この段階をMicrosoftは、「RTM」(Release To Manufacturing)と呼ぶ。これで、PC業界全体がWindows 7の発売に向けて一気に動き出した。 Windows 7のベータ版が登場してから、RTMまでの経過は以下の図の通りだ。(22〜23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2864文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
update:19/09/27