日経コンピュータ 2009/11/25号

編集委員の眼
営業赤字と増益の差はどこに

 上半期決算が出そろった。富士通、NEC、日立製作所はいずれも営業赤字。昨年後半からの景気悪化の影響が色濃く出ている。世界同時不況に見舞われたのは米IBMも同じである。しかし、決算内容は日本メーカー3社と大きく違う。利益が上昇傾向を維持しているのだ。IBMでは「言ったことは実行する」という経営の基本が守られており、それはトップのリーダーシップの差とも言えそうだ。(148ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1427文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24